導入事例smartdrive

株式会社ロビン 店長 田方雅之様

確実に受注につながっています。
相見積をとらなくても自社で完結できるので、信頼性は上がりました。

スマートドライブを知ったのは何がきっかけでしょうか?
知ったのは社長の蜘手からスマートプラスの和田社長から業務効率や売り上げに直結するシステムが出たから聞いてみたらと言われたのがきっかけですね。
それを聞いて導入を決意した理由を教えてください。
まず説明に来ていただいて、営業一人を同行させたのですが、やっぱり報告書の撮影の箇所がバラバラだったのと、できている営業は例えば20枚撮っているのに対して、多分忙しいときはもう、7、8枚しか撮れていなかったり、明確な指示が会社側から出せていなかったので、まずそれが統一できることと、写真を送信して帰ったらパソコンに取り込まられてる、っていうので営業の手間が大きく省けることです。
見積に関してはその時あまりピンときていなかったんですけど、拾い出しさえすれば6パターンから8パターンまで出るということで、以前から複数パターン出した方がいいと思っていたのでどうやったら出せるのかって悩んでいたところだったので、是非欲しいということで掛け合いました。
実際使ってみて慣れるまでどれくらいの期間がかかりましたか。
外壁の診断書に関してはすぐですね。1回2回ほどですぐに使用できました。拾い出しに関してはいち早く取り組んだ人間と、遅れた人間がいたが、1件やれば要領つかめました。
導入にあたりまして、苦労した点を教えてください。
具体的な8パターンの塗料が決まっていなかったので、まずそこを決めるのと、今まで「材工」でムキコート以外を発注していたので、シリコンだとかフッ素だとか、その辺ルートづくりだとか、和田さんに紹介していただいたのですけど、その辺に「どう」「何を」使っていくのか悩みました。あまり知識もなかったので。
使用している社員の反応は如何でしょうか。
実際にまだ慣れていない社員などは、作業の簡素化までは時間がかかっておりますが、資料を提出することで確実に受注につながっております。私たちは受注が一番の薬なので積極的に使っております。報告書が丁寧だと実際にお客さんからお声をいただくことが多いです。
今までより業務効率は何パーセントくらい向上したと感じますか?
ざっくり現段階だと130%くらいですかね。
受注状況や契約率に変化はありましたか?
上がっています。今までは金額勝負だったのですけど、相見積もりを止めることができたり、見積もりを6パターン出すとうちだけで完結することも多いので、信頼性は上がったかなと思います。
実際今日のお話しを聞いてスマートドライブが業界の新しいスタンダードになると思いますか?
はい。なると思いますし、なってほしいです。
現在導入を検討されている方へ何かメッセージがあれば
自分のところがこれで契約率が上がったので、逆に言うと他社さんにやられると嫌なので、エリア化していくのであれば、される前に使えるようになっていた方がいいと思いますし、ただ出せばいいものではないので、出し方なども当然スキルでいると思いますので、そういったあたり全体的にサポートしていただけるので、是非前向きに検討してもらえればいいのではないかと思います。