外壁材小口の吸い込みによる爆裂(剥がれ)対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

寒冷地の冬場、日当たりの悪い面を雪かきをしないと外壁にずっと雪が積もる。

そのため添付写真のような窯業系サイディングの場合、表面は仕上げられているものの小口側が仕上げられていないため、水切りとの間に積もった雪が滞留し、その小口から水分を吸い込むため、表面塗膜の剥がれ、いわゆる爆裂へとつながる。

今回の外装工事では、その対応方法として小口部分までを板金でカバーし(通気はしっかり空ける)、外壁面の板金上端は水が回らないようにシーリングにて対応しました。

寒冷地の外装はなにかと大変さを感じますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket